ふらぐめ開発日記 2021/06/30

(写真はプレイ・アフターのフラグメによく出てくれる二人の後ろ姿)


どうも淡乃晶です。

先日役者の野表つばさくんと共同主宰で作った公演『プレイ・アフター』が終演しました。


6月はもうプレイ・アフターといろんな書き物でずっと忙しなかった……。こんなバタバタしたの久しぶりかもしれない。


だけど、生きているな〜って実感はすごかった。毎日頭を回してコミュニケーションをとってたからかな。いま身体がとても元気なんですよ。心も。呪いが解けた〜〜って気持ち。舞台の本番が一年半前だったってさ。びっくりだよね。戻ってこれたというより、先に進めたって感じだけど。


プレイ・アフターはディレイ配信を予定しているので、劇場に足を運べなかった人もよかったらぜひ見て欲しいです。素直な気持ちの3作品書いたので。(公式ツイッター貼っておきます)


舞台関係のこれから先の予定は全く決まってないんですが、個人的な活動としては今年中にちょっと実験的な朗読劇は一本やりたいなと思ってます。あとは来年に向けて、ちょこちょこ準備を始めました。いろいろと悩んでたけど、自分のやるべきこととやりたいことが見えてきたので、命が燃え尽きる前に形にします。


そういえばプレイ・アフターの現場でfragment edgeの話がちょくちょく出て、仲良しのスタッフさんが「またやりたいな」って言ってくれててたこととか、知り合いのキャストが「出たい」って言っていた話を聞けました。とても嬉しかったです。でも、本当はそういうの僕に直接言って欲しい笑 遠回しじゃなくて、DMでもLINEでもいいから笑 みんながもし想ってくれるなら、きっと会えるはず。


というわけで書いてたら日付が過ぎてしまいましたが、6月の日記はここまで。

引き続きアンケート募集してるので、お暇な人いたらぜひ笑


それではまた次回。生存確認、よし。